11
2
3
4
5
6
10
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
   

[TLn]処女ですが復讐のため上司に抱かれます!

 処女ですが復讐のため上司に抱かれます! (蜜夢文庫)
桃城 猫緒 (著),‎逆月 酒乱 (イラスト)
★★★☆

《内容紹介》
社長一族に復讐するため、大手家具販売会社「ファニチャースマイル」に入社して4年。事情を上司の堂島だけに打ち明け仕事に励んできた杏奈だったが、出世して社長に近づくどころか、家具愛が強すぎて会社の方針から逸れていくばかり。痺れを切らした杏奈は、社長の息子・洞木常務を色仕掛けで落とすと宣言。それを聞いた堂島は「常務の前に俺で練習してみろ」と言い出し…。実は●●な敏腕チーフ×復讐を誓う天然処女OL。第10回らぶドロップス恋愛小説コンテスト優秀賞受賞作。


Yahoo!読み放題。ここのとこ続けて読んでイマイチだった桃城さん、期待せずに読んだら面白かった。期待してなかったからよかったのかとも思うが、ヒロインがアホな子でそれをひっそりと溺愛する、ある意味おバカなイケメン上司っていう設定が効いていたのかもしれない。ヒロインのアホの子加減は匙投げるほどだが、上司なヒーローとそのお兄ちゃんのフォローに愛があって、つい絆された。ヒロイン祖父とn絆とお仕事話も上手に使ってあって、けっこう面白かった。お兄ちゃんにも幸せになってもらいたいよねー。

関連記事
スポンサーサイト

theme : 乙女系ライトノベル
genre : 本・雑誌

[TLn]運命の乙女を娶った王太子は新妻にご執心!

 運命の乙女を娶った王太子は新妻にご執心! (蜜猫文庫)
藍井 恵 (著),‎ Ciel (イラスト)
★★★

《内容紹介》
王太子ファティスの運命の相手、『月桂樹の乙女』だと言われて王宮に連れてこられたアリシア。子孫を残すため義務的に自分を抱こうとするファティスに反感を覚えるも、彼に触れられるだけで幸福感に襲われ蕩けてしまう。「私の乙女がこんなに淫乱だなんてな?」ファティスもアリシアに何かを感じ、激しく執着してくる。お互いに否応なく惹かれあっていると認めようとした矢先、ファティスには意中の相手がいたと聞かされ! ?


設定だけに頼り切った関係で、二人ともそれぞれに葛藤しつつもそれを受け入れ、それだけではないとすんなりと消化しきるも、読んでる方はなんだそりゃな気分から抜けれなかった。最初に惹かれてしまう設定があるにしても、もうちょっとそれでもいいんだよと、納得できるエピソードが欲しかったなー。 それに二人の間では解決してるように書かれてるものの、社交界との摩擦とか環境は解決していないし。尻切れとんぼな印象が拭えない。

関連記事

theme : 乙女系ライトノベル
genre : 本・雑誌

[BLn]君恋ふ―晦日からの芽出し

 君恋ふ―晦日(つごもり)からの芽出し (セシル文庫)
chi‐co (著),‎旭炬 (イラスト)
★★★

《内容紹介》
現代から平安時代とよく似た世界にスリップしてしまった千里は、時の最高権力者である昴輝帝に体を奪われ、妻として熱愛される。だがなんとか逃げ出し、元の世界に戻ってきたものの、帝までついてきてしまった。諦めようとはしない帝と、その想いに揺れる千里。同級生の和泉まで絡んできて…!?現代と平安の世、果たして千里が選ぶのは―!?平安鬼ごっこ第6弾・最終話!!


Yahoo!読み放題。シリーズ6冊目最終巻。受の考えの無さというか考える事を放棄している臆病さにイライラする。それさえも愚かで愛おしいという攻の溺愛は、痘痕も靨なのだろうけど理解はできないなー(笑)連れ帰ろうという執着はわかるも、一緒帰ることにした理由はわからないし、戻った時に時が巻き戻っていたのも、さっぱりわからん。その辺りは説明がないし作者のシュミ? 受祖母の正体はちょっと意外だった。6冊の長丁場だったけど感情を突き詰めてはいないので、サクッと読了。

関連記事

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

[BLn]君恋ふ―下弦のうつろひ

 君恋ふ―下弦のうつろひ (セシル文庫)
chi-co (著),‎旭炬 (イラスト)
★★★

《内容紹介》
平安時代とよく似た世界にスリップし、時の最高権力者である昴輝帝に熱愛される千里。なんとか逃げ出し、元の世界に戻って来た。だが思わぬことに昴輝帝までこちらの世界についてきてしまう。彼は決して千里のことを諦めようとはせず、自分の世界に連れ帰ろうと画策する。そこに和泉という同級生まで現れて…!?平安鬼ごっこ第5弾!


Yahoo!読み放題。シリーズ5冊目、続きを読もうと思ったらなくなっていて復活したらしい。読み放題も終わるので急遽読破。ちょっと間が開いたので思い出しながら読み出したが、元が単純明快というかツンデレ受を陥落させようと頑張る溺愛攻との、なんだか微笑ましいような攻防戦だけなので、続きもすんなり読めた。現在に戻ってきた受と一緒に戻ってきてしまった攻が、受を虐めていた同級生の存在でお互いの思いを再認識する話。ただ受の祖母の方が気になるのだけど(笑)言動のおかしい攻を疑問もなく受け入れる祖母って変だよね?次は最終巻らしい。

関連記事

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

[TLn]極道と夜の乙女 初めては淫らな契り

 極道と夜の乙女 初めては淫らな契り (蜜夢文庫)
青砥 あか (著),‎炎かりよ (イラスト)
★★★☆

《内容紹介》
この男にいいようにされるのは嫌なのに、体は蕩けて服従してしまいそうだった―。お嬢様育ちでありながら、罪を犯して夜の世界に流れ着き、ナンバーワンにのし上がってきた美月。周囲の誰にも心をを許さず、処女を守ってきた彼女だったが、やむを得ない事情から暴力団のフロント企業の社長をしている桐生に抱かれることになって…。「いいんだな?」。欲に濡れた美月の目をのぞきこむ男の冷たい双眸は、獲物を玩具にして嬲り殺す獰猛な野獣の目つきだった


Yahoo!読み放題。王子様~のスピン。放置してあったが読み放題が終了とのことで、これだけは読まないとー!と急遽読了(笑)時間が経ったので元話でのヒロインの立ち位置は忘れたが、これはこれでも面白かった。ヒーローの変な純情さがツボだったし、何気にこういう本当に可愛くないヒロインは好きだ。可愛くないから可愛いんだよね、実はドストライクなツボ(笑)自分もためには誰も手を差し伸べてくれないものと、ただ頑張る。一途さや健気さが、言動とは別なところで可愛いよね。ゲテモノ好きの自覚はあるからいいんだ。ヒロインというには漢前すぎるけど、ヒーローよりかっこいいのだから仕方ないか。

関連記事

theme : 乙女系ライトノベル
genre : 本・雑誌

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


( ..)φメモメモ



カテゴリ

LINK

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

o(^∇^)oワーイ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

[壁]・ω・`)ノ

[小説] ←ハーレクインなどのロマンス系小説
[コミック] ←ハーレクインなどのロマンス系コミック

[BLc] ←ボーイズラブ コミック
[BLn] ←ボーイズラブ 小説

[TLc] ←ティーンズラブ コミック
[TLn] ←ティーンズラブ 小説

記事のタイトルにジャンルが判るようにつけてます。ついてないものは、上記以外のジャンルになります。

BL comic INDEX
BL novel INDEX

TL novel INDEX
TL novel INDEX(Web小説)

romance novel INDEX

↓↓このヘンに参加してます↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ TL情報へ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ


++ 御礼 ++

いつも拍手やコメありがとうございます。
ただの覚書と思っておりましたので、感想を読んでなにかを思っていただけると嬉しいです。
コメント、拍手コメントには、コメをいただいた記事に返信するようにしております。URLを残していただければお邪魔させていただきます。

Tubuyaki

momokazura < > Reload

プロフィール

ももかずら

Author:ももかずら
たぶん、腐女子(笑)
腐女子やBLって言葉ができる前から、ふつーに読んでいるので自覚ないです。
読むジャンルは少女漫画全般。TL、BL、HQ、レディース、女の子向けといわれるジャンルなら、節操なくなんでも読みます。
好きなジャンル、好きな設定、好きな系統がほぼ決まってるし、好物はピンポイント。一応評価は目安として入れてますが、食指が動く好物にはめちゃくちゃ甘いです♪
最近、乙女系官能小説(=TL?)が増えてきました。現在、ココに落ち着いてる感じ。
たとえページを捲るだけでも最終ページに到達する!をモットーにしております。

《評価目安》
★★★★★
 面白かった+超絶好み
★★★★☆
 面白かった+好み
★★★★ 
 面白かった+α有かな
★★★☆ 
 面白かった、でも物足りない
★★★  
 まあまあ普通じゃね?
★★☆  
 このアタリから適当
 :
 :

 ちょっとこれは…。

新刊と予定♪ by乙女系

BLの気になる新刊♪

ほぼ3人以上表紙な新刊の覚書。小説メインで、たまに3人以上表紙以外も。
vol.16 20160425
vol.15 20150802
vol.14 20150729
vol.13 20150317